Top | RSS | Admin

2017.07 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017.09



スポンサー広告

--/--/-- --:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 






カンボジアの国と人に魅了され 起業人 自叙伝

2009/12/31 01:57


【遅ればせながら2009年を振り返る3】

カンボジアの国と人に魅了され


カンボジアという国に縁ができて
早3年が経った。

今年だけで3回も行っている。

3月は、こころの絵本プロジェクト

9月は、友人の経営者とプノンペン視察

11月は、FASID「NGOディプロマ」のフィールド研修

そして、東京外国語大学に通うカンボジア人留学生2人と、
国際交流のイベントの開催者側として知り合った。

その他、以下のようなカンボジアで活動している
NGO・NPO団体とも縁ができた。

LIVING IN PEACE(LIP)( http://www.living-in-peace.org/ )
かものはしプロジェクト( http://www.kamonohashi-project.net/ )
Social Investment Fund for Cambodia( http://sifc.seesaa.net/ )
ハート・オブ・ゴールド( http://www.hofg.org/jp/ )

気がつけば、多少カンボジア語で少し意志の疎通ができるようになり、
プノンペン市内も土地勘がついてきた。

そして、いよいよ11月には
タケオの村に寝泊まりをする経験もできた。

電気もなく、風呂もなく、
夜は月明かりで移動をし、
外の井戸水で体を洗う生活。

うるるん滞在記を思わせる生活。
そこでまたカンボジアの人々を好きになった。
(実際は、ローカルNGOと村の研究に行ったのだが)

これから、まだまだカンボジアの国へ行く機会は
増えそうだ。というか自分が行きたいと思っている。

こころの絵本プロジェクトや他の団体も
カンボジアの国、子供たちのことを考えている。

カンボジアの未来に希望を感じている今日この頃である。


タケオの村の人々とともに


  | コメント(0)






<<講演や授業に縁が始まった2009年後半 | Top | しっかりハマった「NPOカタリバ」 >>


Comment


コメントの投稿












管理者にだけないしょコメントをおくる





| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。