Top | RSS | Admin

2017.09 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017.11



スポンサー広告

--/--/-- --:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 






しっかりハマった「NPOカタリバ」 起業人 自叙伝

2009/12/31 01:45


【遅ればせながら2009年を振り返る2】

しっかりハマった「NPOカタリバ」

ブラストビートを立ち上げようと思ってから
まずとったアクションが
「NPOカタリバ」に参加すること。

高校生を知らない状態では
ブラストビートを立ち上げられないだろうと考えた私は、
友人の紹介で、高校生を対象に活動している
「NPOカタリバ」の門を叩いた。


「NPOカタリバ」を簡単に伝えると、

主な活動場所は高校の体育館。

キャストと言われる大学生(約30~50名)が
高校生(約100名~200名)に、

自分の体験を話したり、高校生の話を聞くことにより、
自分の将来像などを考えるきっかけにしてもらう

というもの。


ただ大学生はいきなり高校の授業に参加するわけではない。

事前シミュレーション研修という
訪問する前の予行練習をする。

高校生の属性や事前のアンケート結果を話し、
しっかりイメージした上で参加者を高校生に見立てて
本番さながらにシミュレーションしていく。

また、キャスト(活動する大学生のこと)同士が仲良くなり
繋がりをつくったり学びあったりする目的もある。

はじめ何に驚いたって、
ここに来ているキャストのレベル。

まずはプレゼンテーションスキルが高い。

笑いを誘いながら、
うまく惹きつける術を心得ている。

そして、コーチングスキル。

本人たちはコーチングという言葉は
知らないかもしれないが、
大学生が高校生にしていることは
まさしくコーチング。

ラポールの形成が圧倒的に早く、
自己紹介をしながらすぐうち解ける。

「どうなりたいか?」「好きなことは?」などと聞いたり、
現在の満足度を10のレベルで表現させたり、
アクションを具体的にするところまで約束させたり、
かなりの能力。

NPOカタリバに行くようになってから
明らかに大学生への見る目が変わった。


そして、自分自身が高校企画に参加するようになり、
9月~12月までで
【11回】カタリバの高校企画へ行った。

参加高校
・日本橋高校
・六本木高校
・葛飾高校
・世田谷高校
・江北高校定時制
・葛西高校
・境高校
・大清水高校
・世田谷泉高校
・第四商業
・杉並総合高校

そのうちの1回は、
プロジェクトマネジャーとして、
世田谷泉高校企画の仕切りをリーダーとしてやった。

若干甘くみていたが、これはかなり大変だった。

徹夜のような状態が数日続き、満身創痍で望んだが、
終わった後のみんなとの一体感や普段の企画では味わえない
感動があり、大きな思い出となった。



今後もカタリバは行ける時は行こうと思っていて、
たくさんの大学生や高校生に会え、
元気がもらえる素晴らしい活動である。

↓実はカタリバHPとブログで紹介されています。



「初☆社会人PM!!!カタリバの新しい歴史。」
として紹介いただいた。ありがたや~
ブログはこちら



  | コメント(0)






<<カンボジアの国と人に魅了され | Top | 初のキャンパスライフ。東京外国語大学。>>


Comment


コメントの投稿












管理者にだけないしょコメントをおくる





| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。