Top | RSS | Admin

2017.07 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017.09



スポンサー広告

--/--/-- --:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 






人生初のパネルディスカッションナビゲーターをやりました 独り言をブツブツと・・・

2009/03/02 01:54


昨日、「エンバーマー」著者の橋爪さんの出版パーティーで
パネルディスカッションのナビゲーターを
やらせていただきました。

パネラーが、
遺体衛生保全の技術「エンバーミング」の日本の
第一人者の橋爪さんと、

映画「おくりびと」の納棺監修をした
札幌納棺協会の橋畑さんと、

元救命救急センター看護師で、現在龍谷大学准教授、
遺族のサポート会を多数やっている黒川さん

の3名の方で「生と死のはざまで悲しみを支えること」
というテーマでおこないました。

それぞれに、現場で「おくりびと」をしてこられている
方々と、こんな重い深いテーマで、ナビゲーターだなんて!

と、緊張しまくりでしたが、
パネラーの方々のフォローがあって無事終わることができました。

葬儀関係者と一般の参加者の方が
ちょうど半々くらいでしたので、
私の一般目線の質問がわかりやすくしていて
楽しめたという声があり嬉しかったです。

ただ、私自身はかみまくりで、
質問のふりも結構むちゃぶりのようなものもあり、
自分のダメさに気づく学びの機会になりました。。。。

人前で話すだけで緊張のせいで、
通常でも回っていない頭が半分くらいになってしまいます。

話をまとめながら、参加者が楽しめるように
ファシリテートしていけるようになるためには、
普段からできていることが前提のように思います。

頑張って鍛えたいと思います。

パネルディスカッションの内容はというと、
「大事な人の死」に直面したときに
遺族や自分がどう気持ちを整理していくのか、
というヒントがたくさんありました。

具体的でいいな~と思ったことは、
黒川さんの話で、一年に一回の
誕生日は、「自分がどう死ぬのかを考える日」で、
結婚記念日は、「夫婦でお互いにどうおくって欲しいのか話し合う日」
ということがありました。

話にくいことだけど、いつかは来る「死」。

それを家族や夫婦で前向きに話せたら
素晴らしいことだと思います。

そんな「生と死」を最前線でみている
橋爪さんの「エンバーマー」には、
普通ではあり得ない感動のストーリーがたっぷり詰まっています。

ぜひ読んでみてください!!

エンバーミング
↑これうち(フィールビート)で作らせてもらいました(ぼそっ)


  | コメント(0)






<<引越ししたり、フィリピン行ったり、カンボジア行ったり、ラジバンダリ!! | Top | あのアカデミー賞受賞の「おくりびと」を観てきました>>


Comment


コメントの投稿












管理者にだけないしょコメントをおくる





| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。