Top | RSS | Admin

2017.07 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017.09



スポンサー広告

--/--/-- --:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 






ゼロから出版社立ち上げとAmazon限定の書籍をプロデュースしました! 独り言をブツブツと・・・

2009/02/08 22:20


今回は珍しく本職の話です。

去年の年末頃からのお仕事で、
ゼロから出版社を立ち上げて、第一弾の書籍を
作るということをしておりました。

「知の探究社」という会社で、

帰国子女の受け入れ校として、関西で有名な
千里国際学園学園長の大迫弘和さん、

元マッキンゼーで大前さんと一緒に仕事し、
BBT大学院大学教授で「第三の教育」という著書で取り上げている
ラーンネット・グローバルスクール代表の炭谷俊樹さん、

元アタッカーズ・ビジネススクールの先輩で、
BBT大学院大学講師、東京コミュニティスクール理事長の
久保一之さん

の3人の教育者の方々が立ち上げた会社です。


その、「知の探究社」からお仕事をいただき、
書籍の企画から編集、装丁デザインのディレクション、
マーケティングまでをする機会に恵まれ、
その手がけた本を紹介させてください。


タイトルは、
『「探究する力」~すべての小学生と先生のために~』。

「東京コミュニティスクール」という杉並区の一軒家に
20名弱の小学生が朝から学ぶ学校があります。

そこで校長をしている市川 力さんが約4年間、
一教師として研究・開発・実践してきた「探究型の学び」というものを
具体的な事例で惜しみなく紹介している本です。

東京コミュニティスクールという小さなオルタナティヴスクールの
「特別な」学びについてではなく、

「普通の」小学生にとって有益な探究型の学びを
日本中の小学校で実現するための具体的な解決策が書かれており、

多くの教育関係者ならびに子どもの教育に関心のある方々に
是非読んでいただきたい内容になっています。

「なぜ探究学習なのか?」
「どのように探究学習を進めるのか?」
「どのように公私立の小学校で探究学習を導入するのか?」
といった疑問に答えるべく、

著者が、地に足のついた実践例とともに、
その背後にある理論をわかりやすく説明しているので、
教師から一般の方々まで幅広く読むことができる内容になっています。

わかりやすくいうと、
「学びは楽しい」「学びは生きることに繋がる」
という大人にも重要なことがかかれています。


●この本を読んでもらいたい人
・小学校の先生
・「探究」に関心のある全ての教育関係者
・子どもの教育に関心のある父親・母親


●この本であなたが学べること
・子どもたちが「探究」で生き生きと学ぶ理由。
・教師が探究学習を実践するための具体的方法。
・子どもも大人も「探究する力」が大切なこと。


この本は、私の実の伯父で、
公立初等教育者の千鶴弥おじさんからも
意見をいただき、練り上げました。

ですので、本当に自信を持って
おすすめできる内容です。

初版については、取次などの流通にはのせず
「Amazonだけの発売」になりますが、
ぜひ購入していただければ幸いです。




よろしくお願いします。

  | コメント(0)






<<バンド時代の親友が「けった屋」をオープン!祝! | Top | カンボジアの子どもたちに届ける絵本をつくりました!!>>


Comment


コメントの投稿












管理者にだけないしょコメントをおくる





| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。