Top | RSS | Admin

2009.07 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2009.09



スポンサー広告

--/--/-- --:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 






Blastbeat(ブラストビート)との出会い 独り言をブツブツと・・・

2009/08/14 11:40



先日(7/16)NHKを観ていて
衝撃的なアイルランドの社会起業家
ロバートさんについて知りました。

団体の名前はBlastbeat Education(www.blastbeat.org)といい
エネルギー溢れる若者(高校生中心)に
音楽イベント会社を作らせ、
学生たちが自分の意志で売り上げを
NPOなどに寄付するという教育プログラムです。

学校にも行かなかったような若者が、
バンドのライブを主催しマーケティングをして集客をする。
そして、その売り上げの25%以上を自分の意志でNPOなどに寄付する。

「まさしく自分の人生と一緒だ!」と思いました。

そこで日本でのBlastbeatの立ち上げに動こうと、
想いを込めたメールを出し、8月頭に日本でロバートさんと
Blastbeatの全社戦略をやっている日本人のMさんと会い、
現在に至ります。


↓【NHKの映像を短く編集したもの】

●新しい起業家育成の形!Blastbeatとは?

(9:05)

●設立者ロバートの想いと若者の成果

(8:32)


私の人生は、Blastbeatをやってきたと
言っても過言ではありません。

高校2年の時、就学する意味がわからず
退学することを先生と親に告げました。

学校にはエネルギーの使う場所がなかったのです。
(すでに退学していたバンドのボーカルが止めてくれたので
なんとか卒業まではできました。)

同じく高校2年の時
バンドでライブを企画し、自分たちでライブハウスを借りて
スケジュールを立てました。

バンド仲間を集め出演を依頼し
ポスターやチケットなども手作りし、集客をしていき、
当日の特典としてデモテープなども作りました。

音響設備は音楽スタジオに借りましたが
音響や照明などのオペレーションや受付などのスタッフは
自分たちで全部やりました。

その後も同じようなことを何度かやり、
この経験が今の自分を作ったと思っています。

現在は深く国際協力などをしているので、
そのあたりの経験も高校生に話したいですし、
探究型教育について学んでいることもあり
まさしく自分がやる必然性を感じます。

ということで、動きます!


  | コメント(3)










| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。