Top | RSS | Admin

2017.07 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017.09



スポンサー広告

--/--/-- --:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 






ようやく知ったイスラエルとパレスチナ 経済大国NIPPONと世界

2009/05/25 01:19


ようやく知ったイスラエルとパレスチナ

この土日、マイナーな映画館の「ポレポレ東中野」で
届かぬ声~パレスチナ・占領と生きる人びと~
の第一部・第二部を観てきた。

イスラエルとパレスチナ。
一体どのくらい知っているだろうか?

私はほぼ何も知らなかった。

最近の2008年末~2009年の頭まで
ニュースでガザ地区の空爆について
騒いでいたことは知っている。

しかし、「内戦をやっているだろうな」
くらいの認識で、何も知らなかったし
調べてもいなかった。

日本人のマジョリティがそんな感じでは
ないだろうか。

私も知ったばっかりだが、
今の状態として知っていること
映画を観て感じたことを書こうと思う。

==================================================

元々大昔の2000年くらい前は
ユダヤ人は今のエルサレムに住んでいた。

それが戦いに負け、世界各国ちりぢりに
なってしまった。

それから長い間、ユダヤ人は自分の国に
定住するということができないでいた。

第二次世界大戦後の1948年。
イスラエルを建国を宣言し、第一位中東戦争に突入。
パレスチナ全土の3分の2を奪う。

これが、今の今ままで火種になり続けている
きっかけの出来事だろう。

そして、1967年第三次中東戦争。
イスラエルがガザ地区、ヨルダン川西岸、東エルサレムを占領。

パレスチナ人はどんどん追いやられ
また支配されていく。

しかし、1993年、イスラエルのラビン首相と
PLO(パレスチナ解放機構)のアラファト議長が
暫定自治合意(オスロ合意)に調印。

イスラエルの支配から
やっと自治が認められパレスチナの人々は喜んだ。

が、このパレスチナ警察も実力不足の組織で
ハンドリングできず荒れていく。
悪さをする輩も増え、パレスチナ内でお金持ちと
貧乏人との格差が増え続けていった。

自治を認められたが、
イスラエルに入ることは制限していたので、
外に出て自由に商売などをすることができなかった。

パレスチナは内にも外にも問題を抱えていたわけである。
市民にとっては本当に最悪な状況だったろう。

イスラエルはその間もガンガン浸食。
パレスチナの土地に入植し、建物をたてて
ユダヤ人を入れていった。

自由も無くし、土地も含め奪われていった
市民のストレスは爆発していき、
各地で自爆テロなどが起こる。

そのテロを動かしていた中心が
「ハマス」である。

パレスチナ人の不満を一身に背負い、
イスラエル政府と戦うべくガザを支配下に置いたのである。(2007年)

そして2008年12月イスラエルがガザ地区を空爆。
多くの人が犠牲になった。

==================================================

とまぁ、ざっくりだが、流れはこんな感じ。

誰が悪いというのは自分ではわからない。
ただ戦争の悪い連鎖が起きていることは間違いない。

家族を殺された人が報復のために殺す。
またその殺された人が復讐する。止まらない。

どちらの国でも、
何の罪もない子供がたくさん死んでいく。

いつの世も戦争は、金や権力、土地の争奪戦だ。
陣地を広げるために戦う。何千年経っても人間は
同じことを繰り返している。

胸くそ悪いが、それが事実。
今はただいろいろと知ることから始めようと思う。








  | コメント(1)










| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。